練馬区の歯医者(歯科医院)なら練馬駅、中村橋駅から便利の岸デンタルクリニックまで

岸デンタルクリニック

03-3577-6565

〒176-0023 東京都練馬区中村北2-8-17

一般歯科

虫歯って一体何!?

虫歯は、歯の表面に付いた食べ物の残りカスがつくる歯垢(プラーク)が原因で引き起こされます。
歯垢に住む微生物が、食べ物の中の糖分を栄養にして酸(有機酸)をつくり、その酸によって歯が溶かされてしまう怖い病気なのです。
まず歯の表面を覆うエナメル質が溶け、次に象牙質、歯の神経と歯の外側から内側へと浸食されていきます。
一度虫歯になってしまったら自然治癒することはないので、違和感を覚えはじめたらすぐに歯科医院へ行くようにしましょう!

 

虫歯の進行段階と治療法

虫歯の症状は、「C0」~「C4」という進行段階に分かれます。

進行段階 症状 治療法
【C0:脱灰】

C0:脱灰

歯の表面を覆うエナメル質が少し溶け出し、白濁が見られます。特に痛みや自覚症状はなく、黒くなったり、穴が空いたりするところまでは進んでいません。 この段階なら、元の歯の状態に戻すことが可能です。丁寧な歯磨きを心がけ、歯科医院でフッ素を塗布してもらったり、フッ素入り歯磨き粉を使ったりして歯磨きをしましょう。

【C1:エナメル質の虫歯】

C1:エナメル質の虫歯

エナメル質が溶けて、歯の表面が黒くなります。特に自覚症状はありません。 虫歯に浸食されたエナメル質を削り、詰め物をして保護します。

【C2:象牙質の虫歯】

C2:象牙質の虫歯

虫歯が歯の内部にある象牙質まで達した状態です。冷たい物や熱い物などで歯がしみ、穴が空き、黒っぽくなるので見た目でもわかるようになります。 虫歯になった部分を削って、詰め物か、被せ物をして保護します。

【C3:神経まで進行した虫歯】

C3:神経まで進行した虫歯

虫歯が神経まで進行して、強い炎症やズキズキと刺すような激しい痛みが起こります。 神経の治療を行い、残った歯の根を利用して芯を立て、その上に被せ物を装着します。

【C4:歯根まで進行した虫歯】

歯根まで進行した虫歯

穴がどんどん広がって、歯がほとんどなく、歯根だけが残った状態です。虫歯が歯根まで進行し、神経が死んでいるため痛みは感じませんが、強く噛みしめると痛むことがあります。その後、膿が出ると激痛が走ります。 ここまできたら歯を抜くしかありません。抜歯後は、入れ歯やブリッジ、インプラントなどによって欠損を補います。

知っているとお得!歯に関する豆知識

歯磨きのコツ

歯磨きの基本は、歯ブラシの毛先を歯の間に押し込むように、細かく左右に動かして磨くこと! また、裏から見ても毛先が外にはみ出しはじめたら、歯ブラシを取り替えましょう。

☆応用編☆

歯の隙間が空いている…… 歯間ブラシを使用しましょう!
歯並びが悪い…… 歯ブラシを縦にして1本ずつ丁寧に磨きましょう!
歯周病にかかっている…… 柔らかめの歯ブラシで力を入れずに優しく磨きましょう!
PAGE
TOP